FC2ブログ

記事一覧

ずれ。

20171120203208783.jpg

時折パラパラと雨の降る寒い中、
ご来場ありがとうございました。


さらに。

出店してた農家さんと八百屋さん。
みんながサツマイモと里芋という中(笑)
あえてSLOW PUNKで買っていただいたみなさま。

大変ありがとうございました。

自分で選んで量り売り
っていうSLOW PUNKスタイル。

どちらかかと言うと里芋の方が人気でした。

大きいのが好きな人
小さいのが好きな人
丸っこいのが好きな人
細長いのが好きな人


やっぱりそれぞれ好みがあって面白い。


「私のお気に入り農家」になってもらえるように頑張らんとね。


「オーガニックマーケットしが」
うちの野菜が買える貴重な1日です。

来月も一応出店予定。
みなさまぜひ。



さてさて。

今日はお野菜配達日。

20171120203207cdf.jpg


こちらは東京方面の方への宅配セット。
野菜10種類で1500円。

1種類150円の計算。
なんと言うか普通の通販ではなくて
もっと家族と家族との関係のような販売です。

震災後やりたかったことのひとつ。

ようやく少しずつスタート。



安過ぎるんじゃない
って言われることもあるんやけど。

でも、近くの直売所とかもっと安く売ってるんよね…

なんか自分がすごい強欲な人間に思えるくらい(笑)



農業では食っていけない
よく言われる言葉。


道は二つ。

農家の収入を増やすのか。
そんなにお金に依存しなくてもいい社会に変えるのか。


都会では今オーガニックブームで、
有機農家を支える的な企業も増えてる。

もちろんありがたいんやけど
違和感もあるんよね。

だってそれって結局はお金=幸せって価値観の中やん。

過疎がどんどん進んで廃れていく村で有機農家だけ儲かってもね。

都会のオフィスから見てる風景と
山間集落から見る風景


何にもない所で
都会の人の為にひたすら土の上に這いつくばって農作業。

違うんよ。



いやいや
今はネットでなんでも手に入るやろ。

これ要注意!

稼いだお金を結局街が吸い上げていく
恐怖のシステム。

地域にとっては
穴の空いたバケツ。



都会でも安心安全で美味しい新鮮な有機野菜が手に入る
最近増えてきてます。

消費者も農家もウィンウィン。

っぽい。
一見ね。

でもこれは地域の特権を街が奪っていってるんよね。

和知の野菜が街で普通に買えたら
和知に行く必要なくなるんよね。

先日テレビの旅番組。
島を訪れた芸能人が島の有名なお菓子を食べて…

芸能人「うわっ!これ美味しい。東京で出店したら売れるよ
っていうか通販やってないの」

島の人「島に来て食べてください」


島の人。
わかってらっしゃる。



理想は
食べ物だけじゃなく
日用品も
エネルギーも
カルチャーも
遊び場も
全部地域で自給できて

大量消費ではなく、小さな消費で
大きな経済ではなく
自分たちの手に負える小さな経済で
それが
地域でぐるぐる周り
みんなが笑顔で助け合いながら
笑顔で暮らしている。


それが地域が生き残っていく道やと思います。



っていうか
日本以外の国ではわりと当たり前の姿なんかもしれません。

そんな社会を目指して。

楽園農法。

がんばっております。

Jah BIess






スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント