FC2ブログ

記事一覧

2月4日に35℃の場所。

2017年種まき第二弾!


今日は
パプリカとバナナピーマン。


バナナピーマンは種を取り続けてる「うちの種」

パプリカは初挑戦なんで購入しました。

がっ!
開けてびっくり…



500円ぐらいで
中味は10粒。

こ、高級なんですね…


発芽で失敗できひん

プレッシャーがね
半端ないんスけど…



パプリカやバナナピーマン
いわゆる夏野菜。


発芽適温が25~35℃
生育適温が20~30℃

っていうパターンが意外に多いんですよ。

どういうことか
っていうと…

本来の自然界では真夏に芽を出して秋に向けて育ていく
秋野菜なんですよね。

実りの秋。


でも、それを
冬の間にハウスや育苗器などを使って夏を体験させて発芽させることで
初夏に生育させて夏に実を採ってるんですよ。


農業すごい!



でも…

SLOW PUNKってハウスもないし育苗器なんて持ってないよね…
アカンやん。


って思うでしょ?


でもあるんですよ。

2月4日に35℃になる場所が。







まず、湿らせたキッチンペーパーの上に種を蒔きます。


で、折り畳んで…







ジップの袋に入れて…

種まき終了です。




あとはね。
これを24時間ズボンのポケットに入れておくだけ。

2月4日に35℃の場所=体温


正式名:ポケット育苗



いかにもバッタもんらしい匂いがプンプンしますが、
実は昔「腹巻き育苗」と呼ばれていた伝統的なやり方なんですよ。


1週間ぐらいで根っこがでてきたら
ビニールで保温した育苗ポットに植えてやると芽がでてきます。


地味にすごい方法なんですよ。

しかも電気代不要。



ナスやトマトなんかもこのやり方でやっていきます。


体温で温められた種が
成長して実をつけるまで。

みなさま
あたたかく見守ってやってください。



収穫できた時には
ぜひ味わっていただけたら幸いです。





って。

最後は営業モードになってるし…


Jah Bless
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント