FC2ブログ

記事一覧

もうBoyではないけど。

昨日の湿気が肌に貼り付くような危険な暑さから一転。


今日は風が涼しい
秋のようなお天気。

いや~
山間集落ならでは…

って思ってたら。


夕方届いたキッチンイマココさんからのメールによると京都市内も涼しかったみたい。


ちょっと残念。


でも昨夜の集中豪雨が少し季節を進めた気がします。



さて。
そんな夏の終わりのこの時期に
ようやくマイクロトマトの収穫が始まりました。


今年は苦戦しました。



左は中玉トマト
右はミニトマトぺぺ


ここにマイクロトマトを加えると…







マイクロトマト
小っさ!


でも
フルーツみたいに甘いんですよ。

なのでスイーツのトッピングにしたりする使い方もあるんですが

うちでは
もっぱらトマトソースにしてます。




切ったりする必要もないので
さっと洗って鍋へ。







うちはホーローのミルクバン。
小さなジャムの瓶2個ぐらいならこの大きさがベストかな。


呼び水的に少しだけ水を入れて火に掛けます。







10分もかからずに出来上がり。
瓶に詰めた後は
きちんと脱気も忘れずに。

あと。
手書きでラベルを貼るのも大切です。
それだけで
宝物感がアップします。


これを秋までに何度も何度も作ります。


冬に向けての保存食。
毎年足らんのよね。


目標20瓶。


その美味さは
ビックリですよ。


うちは何にでも使えるように基本的にはシンプルにトマトだけなんですが
塩味にしたり、ニンニク入れたり、ローレル入れたり
オリジナルを追及するのもありかな
って思ってます。


どんどんどんどん深まっていきます。


暮らすことをカルチャーに
暮らすことをワンダーに

宝物で暮らす。





SLOW PUNK的豊かさが気に入らない人達。


人間には欲があるんだよ
だから
そんな生き方は無理なんだよ!


って。


ギャグですか?




経済の奴隷になって
企業の奴隷になって
大量消費の奴隷になって

会社の売り上げのために
心や体が病むまで競争し続け
もうモノで溢れかえっているのに
さらに買わされ続ける

毎年3万人を越える自殺者のでる社会。


そんな暮らしが「欲」?


人間よりも経済成長
そんな世界を受け入れることが「欲」?


全く逆なんじゃない?



そんな世界、クソだよ!
俺は消費者なんかじゃねぇ!
俺は人件費なんかじゃねぇ!

っていう方がよっぽどちゃんとした「欲」なんじゃない。



「でも、お金は必要だろ!」

いやいや
お金が必要ないって言ってないし。

「お金じゃない豊かさ」と「お金不要論」は全く別です。
なんで理解できないんだか…


「モノは必要だろ!」


はい。
前にも書いたと思うけど
「もの」へのこだわりや執着は逆に強いんです。

宝物で暮らす。

当然、「宝物」=「高級品」なんて安っぽい発想じゃないです。


自分の感性。


自分で作ったもの
仲間が作ってくれたもの
本当に欲しかったもの
自分の感性に合ったものを探して探して


そんな
宝物で暮らす。

そんな暮らし方やと
自然とお金依存度が下がってくるんよね。


逆に
大量消費するために作られたモノを消費するだけの暮らし方にビックりです。

それでいいの?
それで幸せなん?

って。




SLOW PUNKの提唱する
「幸せの台形ルール」

何でも上限があるってやつ。

増えれば増えるほど幸せになる段階があって
それ以上増えても幸せ感は変わらない横ばいの段階があって
さらに増えれば逆に幸せじゃなくなってくる


台形ルール。



例えばお酒。

飲めば楽しくなって
日頃の悩みやストレスも解消できて
健康にもいい段階があって。

じゃあ飲めば飲むほど幸せになるか
っていうとそうでもなくて
飲んでもそんなに変わらない横ばいの段階がやってくる。


でもそこからさらに飲んでしまうと
病気になったり依存性になったり
幸せじゃなくなっていく。

この「お酒」を「経済成長」に換えると。


経済が成長して
どんどん暮らしが豊かになっていった段階があって
しばらくするといくら経済が成長しても満足感は変わらない段階がやってきて

「もっと成長すればもっと豊かになるはず」
もっとだ!もっとだ!

って押し進めた結果
どんどん社会は病んでいった。


経済成長真っ只中の幸せ感を経験した世代が
未だに経済成長という幻想にとりつかれている結果…


経済成長のためなら戦争もやむなし。


気づいないのか
気づいてないふりをしてるのか

でも
それを認めると自分達の人生の選択が間違いやったことになるので
認めたくないんやろうね…


だから
経済成長を伴わない豊かさなんてダメだー!
競争社会で勝てない豊かさはダメだー!

って叫ばざるを得ないのかも。

可哀想な人たち。


でもとりあえず。

その価値観で反権力・反体制を気取るのは勘弁かな。

だって
その価値観はゴリゴリの保守やから。





♪ 果てしなく続くサバイバルレース
走り疲れ

家庭も仕事も投げ出し
逝った友人

Ah そして俺は心の空白埋めようと
山のような仕事抱えこんで凌いでる


J.Boy 頼りなく豊かなこの国に
J.Boy 何を賭け 何を夢みよう

J.Boy J.Boy



J.Boy 受け止めろ孤独ってやつを

J.Boy 打ち砕け その空虚ってやつを


浜田省吾「J.Boy」より


31年前の曲。

バブル真っ只中。



その「豊かさ」を「頼りない豊かさ」だと。

そして

孤独
虚しさ
心の空白

その豊かさが奪っていった部分
その豊かさが見ないふりをしてきた部分を歌う。


31年前。

当時10代のスロパン青年。
バブルとは無縁のパン職人の見習いとして早朝から10時間以上働いて
夜の鴨川の橋の下でギター抱えてよくこの曲を歌ってました。

っていうか
叫んでたんかな。


30年後。

見た目的には残念な感じになったけど
魂はまだまだ健在です。


まだまだ
これからだ。



Jah Bless
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント