FC2ブログ

記事一覧

お土産つき。

「今日は危険な暑さとなるでしょう」
っていう天気予報が出ていた和知篠原。


そんな中。
今日は夏の「村用出夫」の日。


毎回書いてますが
「むらようしゅっぷ」
演歌歌手ではございません。



朝8時前には次々と公民館に。

もう一度言いますが
演歌歌手ではございません。


手には鍬や鎌
草刈り機


山間過疎の集落なので
基本ほとんどが街では高齢者と呼ばれるご年齢。


集落で「この人はおじいちゃん、おばあちゃんやなぁ…」って思うのは
80代後半からかなぁ。


70代後半なんて
まだまだバリバリです。



ちなみに。

お隣の農家のおばあちゃん。
今年88歳やけど毎日手押し車を押しながら畑に出てきたはります。

鎌での草刈りとか超早いしびっくりします。



街で暮らす自称「権力と戦うリベラル」と
田舎で暮らすじいちゃん。

どちらが「権力と戦うリベラル」か
っていうと。


圧倒的に田舎のじいちゃんなんよね。





もう面倒なんで詳しくは書かんけど
わかる人にはわかるはず。


「力」がいつまでも「力」であり続けられるように政治家を使ってつくりあげてきた価値観。


経済成長こそが豊かな暮らし
大量消費こそ豊かな暮らし
もっと!もっ!もっと!もっと!


それにどっぶりとはまって。

疑うこともせず。



人間が生きるために必要な力を奪い
機械に頼らせる。


それを疑うこともせず。


それなのに
政治批判だけはしてリベラル気取り。

かっこ悪い…



乗ってる豪華なバス。

その行き先が正しいと思ってる人

行き先は正しいけど運転手やサービスが気に入らない人

行き先が違うとバスを降りた人

そもそもバスに乗らなかった人








炎天下3時間の作業。
集落はきれいになりました。

こうして里山は保たれています。



「田舎はよそ者には冷たい」


自分の場合は
やっぱり畑をやってるのが大きいかな。

いつも頑張っとんやんか
って言ってくれる人が多い。



こんなどうしようもない場所で
若いやつが誰も見向きもしなかった農業

それを頑張ってやってる集落で一番日焼けした兄ちゃん。

意外と人気なんですよ。


昼からの慰労会という名前の飲み会は
明日の準備もあるので早々に中座。

たくさんのお土産を頂いて。



夕方からは
突然の集中豪雨。








こ、怖いんですけど…

結局30分ぐらいで止みました。


明日は台風予報。

こんな雨の中収穫かなぁ…

夏野菜、吹き飛ばないように祈るばかり。




さて。

今日は広島の平和記念日。

そもそも近代の戦争はなぜ起きているのか?



「それ」を手放さない限り
戦争はすぐ近くで待っている。


「原発」が存在しているのも「それ」が原因。


私たちが「それ」にとり憑かれた結果が
アベ政権。


私達が「それ」を手放さない限りは
何も変わらない。


「それ」を手放さないアベ批判、原発批判には
何の意味もない。




Jah Bless
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント